ご利用規約

レンタカーご利用について

貸渡し

運転される方全員の運転免許証をご提示ください。
運転 免許証は、ご利用のレンタカーで運転できる日本国内で 有効なものが必要です。
貸渡期間中の保管場所の確保日常点検整備などを含む 貸渡車両の管理者はお客様となります。
法令により運転者付きの貸渡し、あるいは運転者の紹介・斡旋などは行えません。

契約時間超過料金

契約期間を延⻑される場合は、必ず事前に帰着予定を営業所へその旨ご連絡ください。

尚、ご連絡なく超過された場合は別途定める違約料をお支払いただきますのでご注意ください。

燃料

貸出の時は満タンでご用意いたしますので、満タンにしてお返しください。
満タン返しでない場合は、所定の走行キロ換算で精算致します。

お客様へ重要なお知らせとお願い

平成18年6月1日から違法駐車の取締りが厳しくなりました。
少しの時間でも違法駐車には確認標章が貼られます。
ご利用期間中は、交通ルールを守り、安全運転でご利用ください。
当店の営業時間は8時30分から19時までとなっており、閉店時間の19時を過ぎた場合には翌日返却となり、
1日分の料金が加算されます。

もしも放置駐車違反の確認標章が貼付されたらレンタカーを返却される前に!

確認標章に記載された警察署に必ず粕出頭してください 。
所定の手続きと反則金の納付を完了してください。
レンタカー返却時に反則金納付領収証をご提示ください。

④警察から当社に連絡が入り次第、お客様にご連絡いたします。
返却時に反則金の納付が完了していない場合は、放置駐車違反に関する自認書を作成し、
期日までに反則金を納付していただきます。

反則金納付領収証のご提示をいただけない時(反則金の納付を確認できない時)は
貸渡約款に基づき下記の金額、全額をお預かりいたします。
普通クラス=25,000円(3、4、5ナンバー)
中型クラス=30,000円 (1、2ナンバー)

保険補償について

万一事故が起きた場合には下記後生限度額の範囲で補償いたします。
但し、弊社貸渡約款に違反する事故及び、損害保険会社約款の免責事故に該当する事故、
警察の事故証明が取得できなかった場合の損害責任は、全てお客様のご負担となります。
対人補償 無制限 (自賠責を含む)
対物補償 無制限 (免責額5万円)
車両補償 時価額 (免責額5万円)
人身傷害 3000万円 (1名につき)

次の事項に該当する場合には補償の適用を除外いたします。
酒気帯び・酒酔い運転・無免許運転・麻薬使用者の運転による運転者本人の損害・車両損害・費用損害
無謀運転(故意による事故など)
善意の管理義務を逸脱した場合
オーバーラン・チェーン・キャリアによる損害、室内装飾の汚損、装備品の紛失など

配偶者・父母・子に対する損害賠償
補助運転者の申し出がない運転者による事故の場合
事故が相手方の責任によるもの
キーの抜き忘れによる車両の盗難
車上荒らし等によるお客様の持ち物の盗難
タイヤのパンク・バースト及びホイールキャップの紛失

ノンオぺレーション・チャージ(N.O.C)

レンタカー使用中に事故・盗難等で、車両に損害を与えた場合には、車両の修理期間中の営業補償の一部として
下記の料金(N.O.C)をノンオぺレーション・チャ ージとして、損傷の程度や修理所要時間に関わりなく申し受けます。

● 貸出営業所に車両を返還された場合 2万円
● 貸出営業所に車両を返還されなかった場合 5万円
(但し、全損の場合は別途費用をご負担いただきます。

チャイルドシート

道路交通法により、6才未満の幼児を乗車させる場合はチャイルドシートの使用が義務づけられています。
チャイルドシートは、お客様の責任において装着していただく事としており、係員がお手伝いさせて頂いた場合でも、
安全のご確認はお客様でお願いしており ます。

弊社ではチャイルドシートの装着不具合により生じた 事故については責任を負いかねます。